ボディファシブログ

全ての人が笑顔になるボディファシブログ健康に役立つ情報や体の仕組み、最新研究結果、自宅で出来る健康法など様々な情報を発信してきます。ボディファシファン必見!!

大船整体院院長の独り言・・・産後の骨盤矯正について

こんにちは〜!
 
暑い日が続きますね!
 
さて、前回は妊産婦さんのマッサージについて書きましたが、今回は産まれた後のことについて書こうと思います。
 
1.なぜ産後に骨盤矯正が必要なの?
前回の妊産婦さんのマッサージについてでも書きましたが、妊娠中から出産まで骨盤を緩めて開く作用のあるリラキシンというホルモンが分泌されます。その作用によって骨盤が緩み、産道が広がって赤ちゃんが出てこれるわけですが、骨盤周りの関節と一緒に骨盤周りの筋肉も緩むと言われています。
普段骨盤や内臓を支えている筋肉群(骨盤底筋群)も弱ってしまうので、産後は特に骨盤が歪みやすいと言われています。
ホルモンバランス以外を見ても、お腹の中に10ヶ月も子供を入れて育て続けるわけですから、母体に負担がかからないわけはないですよね?
おまけに出産も一大事です。
10ヶ月間お腹で子供を育て続けて、出産で消耗して、さらにホルモンのせいで歪んでしまった骨盤を戻さないでいたらどうなるか?
以前ブログで骨盤の歪みについて書きましたが、単純に骨盤がゆがんでいるだけでも腰痛や下半身の問題など様々な問題が起きますが、出産を経験した女性の場合は一度骨盤が緩んだり、骨盤周りの筋肉がダメージを受けているので尿もれなどお母さん特有の悩みも生まれるようです。
簡単にいうと、出産は女性の体に非常にダメージを与えるわけですね。
それを産後の骨盤矯正によって素早く的確にリカバリーできるわけです。
 
2.どんな効果があるの?
産後、出産で緩んでしまった骨盤も徐々に元に戻っていきますが、骨盤のインナーマッスルである骨盤底筋群の機能が元に戻りづらく、体型や代謝が変わってしまうこともよくあります。
この骨盤底筋群のケアが産後の骨盤矯正のキーポイントになります。
骨盤底筋群とは骨盤の底で内臓をしたからしっかりと支える働きがありますし、肛門や尿道を引き締める働きもあります。
横隔膜や腹部のインナーマッスルと連動して呼吸にも関与することが知られています。
内臓の土台といっても良いかもしれませんね。
ボディファシリテイトの産後の骨盤矯正では、骨盤の歪みだけでなく、それに付随するインナーマッスルの機能も改善させていくので体型や代謝の戻りもすごくよくなりますし、骨盤底筋群の働きが改善すると産後の尿もれなどの問題も改善が期待できます。
もちろん、骨盤の状態が良くなると全身の回復力も高くなりますので、その他諸々体には良いことが多いです。
妊娠期の疲れに出産のダメージ、さらに産後の赤ちゃんのお世話とお母さんは体に疲れやダメージを蓄積しがちですが、それらを効果的に回復することができるんです。
 
3.産後の骨盤矯正の時期は?
一般的に産後は半年かけて徐々に骨盤が戻っていくと言われています。
妊娠で緩んでいるこの時期に骨盤の調整をした方が良いので早ければ早いほど良いという説もありますが、産後1ヶ月は出産のダメージを回復させる時期とも言われています。
産後の1ヶ月検診が終わってからでも十分に骨盤の矯正は可能なので、最初の1ヶ月は無理せずに体の回復に努めてその後にケアを始めた方が良いかもしれません。
もちろん、産後すぐでも辛いところがある場合はそれに合わせて施術可能ですので一度ご相談ください。
 
ボディファシリテイトには妊婦さんもたくさん来院されますが、産後もみなさんケアにいらっしゃいます。
 
みなさん大体1ヶ月ほどで来院される患者さんが多いですね。
 
みなさん子育てに仕事にと忙しく頑張っているお母さんばかりです。
 
たくさんお母さんを施術してきた中で、鈍い私でも母親になることの本当の大変さは最近になってやっと理解できるようになってきました。
 
母は偉大なり!!
 
本当ですよね。
 
整体を通じて少しでもお母さんたちのサポートができたらと思います。
 
整体で、大船、戸塚から笑顔を広めていきたいです!!
 
こちらのコースがおススメです 
 

様々な症状・ご要望

  • 姿勢骨盤メンテナンス
  • 足裏リンパ
  • リラクゼーションボティ